2014年10月17日

「人間関係がうまくいかない」ストレス解消法まとめ!


さて、①から⑦までかけて、様々なストレスやその原因
そしてそれらに対するストレス解消法をお伝え致しました!

最後にどんな内容たちになったのかをまとめていきます♪
タイトル部分に各記事リンクさせておきますので
改めて目を通して頂ければと思います!


img_gad01.gif


<①「はじめに」>

まず「精神的ストレス」だけが原因ではない
という事を説明させて頂きました
「自分のストレスはこれだけ!」と決め付けてしまうと
正しいストレス解消法にたどり着けないからです(汗)


<②「ストレスの種類」>

では、どんなストレスがあるのか?という事で
ストレス大きく4つに分け、簡単に解説致しました
大まかにストレスの事を知って頂けると思います♪


<③「自律神経」>

ストレスを受け続けてしまう事で一体何が起きているのか?
身体不調」「うつ」に繋がってしまうきっかけ
自律神経について詳しく解説しています


<④「精神的ストレス」>

ここからは②の記事で分けた4つのストレスについて
1つずつ原因とその解消法をご紹介!
ここでは更に2つのストレスに分けて解説し
それぞれにあったストレス解消法をご紹介しました

<⑤「構造的ストレス」>

身体のゆがみや姿勢でどうしてストレスが起こるのか?
その原因を解説しています
解決法には、自然体で過ごす事通院を試みる
自身の身体への気遣いが中心となっています

通院先の選び方については<番外編>をご覧下さい♪


<⑥「化学(栄養)的ストレス」>

普段の食事環境から知らず知らずに受けている
そんなストレスと原因についてです
こちらは原因とストレス解消法セットで記載しましたので
意識しやすいのではないでしょうか?

<⑦「温度と湿度のストレス」>

温度差が生むストレス、そのための理想環境について
具体的な数字を交えて解説しております
また、寒くなるこれからに備えて
とても簡単なお手製湯たんぽ作りもご紹介致しました♪


HIRO2_odoroitahyoujyounoneko500-thumb-750x500-3270.jpg



ここまでいかがでしたでしょうか?
しかし、解説がメインになってしまったので
具体的なストレス解消法として伝わりにくかったのでは?と思います

「じゃあどれをすれば人間関係がうまくいくの?」

ということで、次回からは「実話」を交えて
実際に記事のストレス解消法は有効なのか?
という事についてお伝えしようと思います♪

それではまた次回!

お酒よりも効果的!ストレス解消に
【絆の家】愚痴聞き・話し相手サービス
posted by ストレス解消法 【絆の家】話し相手サービス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレス解消には愚痴や話し相手が一番効果的 | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

⑦「人間関係が上手くいかない」体温調節とストレスと解消法


さぁ、今回でついに大きく分けた4つのストレス
その最後のひとつの解説・解消法までたどり着きました!

続けてお読みいただいている方も、そうでない方も有難う御座います♪

それでは「温度と湿度のストレス」の解説とその解消法について
解説させて頂きます♪


<温度・湿度・気圧の変化>


hito01.gif

暖かくしたり涼しくしたりの調節を行う時は
風邪等体を壊さない為」という方が大半だと思われます
(実際風邪や熱中症など病気の引き金に)

ストレス軽減の為」という理由はあまり思い浮かびませんよね?
でもしっかりストレスがかかわっています

実は体内温度のコントロールは自律神経が行っています
以前の記事で紹介しました通り
暑いから汗をかこう」と思って居なくても汗をかくのは
自律神経交感神経が働いているのです

もしかしたらもうお気付きの方も居るかもしれませんが
温度差が自律神経の働きを乱す為、大きくストレスになるのです!



<理想的な温度管理>

一番体力を奪い、自律神経を乱すのは「温度の差」です
室内を冷やしても外が暑すぎたとしたら
内外の出入りの度に、ストレスがかかります

natsubate_businessman2.png


室内と外との温度差の理想は5℃だそうです
そのための適切な室内の温度は以下の数字になります

夏 → 27or28℃
冬 → 20or21℃(常時居ない部屋の室温17℃)

こう見ると季節でだいぶ差がありますね
季節の変わり目」ではこの温度のどちらに寄っていいか
悩んでいる間に良く体調を崩してしまいます(汗
皆さんは天気予報を良く見てその日その日にあった調節をしてくださいね♪


<温度差のストレス解消法>


室内は空調の管理をしてバッチリにしたとしても
冷えた身体は中々温まりませんよね
しかも手足・腹部・首は意識的に温めなければいけません

ご家庭でもっとも手軽にそれらを温められるのは
ホッカイロ」「ゆたんぽ
だとおもいます♪
今は数多くの種類が出ていますので
ご自分にあったものを探してみるのもいいかもです!

「ホッカイロがないけどおなかが冷えた・・・」
「すぐにでも暖めたい!」

そんな方はタオルとビニール袋を準備しましょう

タオルを適度しめらせビニール袋に入れ、適度にチン♪
簡易湯たんぽの完成です!
ただ、やけどの危険もあるので注意して扱ってくださいね!


OH96_muhyoutohayashi500-thumb-750x500-4004.jpg


いかがでしたでしょうか?

今日まで大きく分けた4つに分けたストレスとその解消法
解説させて頂きました
長くなりましたがついに!
次回から「人間関係がうまくいかない」そんな方へ
ストレス解消法などのまとめをお伝えしたいと思います♪

それではまた!


お酒よりも効果的!ストレス解消に
【絆の家】愚痴聞き・話し相手サービス

posted by ストレス解消法 【絆の家】話し相手サービス at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレス解消には愚痴や話し相手が一番効果的 | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

②「人間関係が上手くいかない」精神的ストレスだけがストレスの原因ではない

私たちの暮らしの中に、親密に関わっている
切ってもなかなか切れない、マイナスなもの。

それが「ストレス」です。


前回のお話では、
人間関係が上手くいかない事だけがストレスの原因ではない
という話をしました。

ストレスの原因となっているものには、実は4つの
生活的要素が関わっている、ということもお伝えしました。


では、今回はその生活要素による「4つのストレス」の
一つ一つをひも解いて調べてみることにしましょう。


1. 精神的ストレス
まず、一つ目は 前項でもご説明しましたとおり、生活
に関わる人間関係など、直接的なストレスの原因となる
「精神的ストレス」です。

これが一番わかりやすくて、例えば
「月曜日、今日も会社だ、イヤだなあ」
「どうしても会いたくないあいつに会う日だ、嫌だ」
「これから怒られる、怒鳴られる、きっと罵倒される」

など、恐怖心や不安感を植え付けられてしまう、生活上
ので直接のストレスの原因になってしまうものです。

ほとんどの人は、この精神的ストレスだけが
精神疾患にかかってしまう「唯一最大の原因」と考えて
誤った、偏った自己判断を自分自身に下してしまいます。

他の原因を知らない事により、それが、かえって
精神疾患症状を悪化させていったり、より深い悩みや
さらなるストレスの原因を助長させる要因にもつながって
いくおそれすらもあります。

img_gad01.gif

2. 構造的ストレス
「構造的」と聞いて、どういう意味かわからない人が多い
と思いますが、
これは要するに「身体自体のゆがみ」のことを指しています。

整体形など、体のゆがみを治すお仕事をご存知でしょうか。
あれって、実はこの構造的ストレスを除去することに大きく
役立っているのですが、

つまり 背筋の通りを表す背骨や骨盤、頭がい骨、顎、全身
の筋肉の張り具合、など
身体全体がしっかりと正常な整体になっていない事によっても
それがストレスの原因に繋がっている、という事は意外に
知られていません。

image-youtuu.jpg

3. 栄養(化学的)ストレス
ずばり、食べ物(栄養摂取)の段階でもストレスの原因を
助長します。
これは何も「食べ物だけ」がストレスの原因ではなく

たとえば仕事環境で有害物質の摂取を行う環境にある場合、
ストレスを助長するホルモン等を知らず知らず摂取している
場合、
偏食やストレスの原因をつくりやすい栄養素を過剰に摂取
している場合、など

o0480060612742066121.jpg

身体に入ってくる「食の健康」を妨げる食事や生活環境
とても密接な原因が隠されているわけなのです。



4. 温度と湿度のストレス
この項目には個人差による「ずれ」が大きいところですが、
過剰な暑さや寒さ、ジメジメ感など 温度と湿度の関係も
脳の構造上 ストレスを与える原因になっているのは間違い
ないことです。

yjimage.jpg

たとえば、過大な温湿度環境に毎日晒されるお仕事
(夏の建設現場や冷凍庫内での作業など)で、慣れていたり
温湿度ストレス抵抗が生まれつき高い人と、
今日入社したばかりの温湿度ストレス抵抗が全く低い人と
では、受けるストレスの原因としては全然違う値となり

わりと平気な先輩が「こんなのは慣れだ!」と自分のことを
押しつけられ、その環境をずっと強いられて
しまえば
その仕事を続けることだけでも強いストレスの原因になります。

これは、すでに「うつや精神疾患」に潜在的にかかっている
場合などは、特に注意しておかなければ どんどん精神疾患症状
は悪化
していってしまい、
それを我慢して黙っていると 本人はおろか誰も気づかないまま
致命的な疾患を併発してしまうおそれもあるのです。


どうでしょうか、
以上のすべてについて「うん、自分は大丈夫」とチェックを終了
することが あなたには果たしてできた
でしょうか?

さらに話を進めますと、これら4つのストレスの原因がもたらす
複合的な脳神経の「不調現象」こそが、自律神経の乱れ
を徐々に引き起こしていってしまいます。


人間の自律神経は、ほとんどの人が正確な知識を持ちません。
なので、本人を含め 誰も気づかないまま「うつ」にかかって
しまっていて、

他人が「うつじゃない?」と気づいたその時には、すでにもう
完全なうつ状態になっていしまって 通院、という自体に陥る
こともまったく珍しくない日本の現状なのです。


それでは、次回はその自律神経の働きの概要や、
自律神経の乱れがどういう事を引き起こすのかなどの詳しい
内容について勉強してみることにしましょう。



お酒よりも効果的!ストレス解消に
【絆の家】愚痴聞き・話し相手サービス





posted by ストレス解消法 【絆の家】話し相手サービス at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレス解消には愚痴や話し相手が一番効果的 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。