2014年10月15日

F「人間関係が上手くいかない」体温調節とストレスと解消法


さぁ、今回でついに大きく分けた4つのストレス
その最後のひとつの解説・解消法までたどり着きました!

続けてお読みいただいている方も、そうでない方も有難う御座います♪

それでは「温度と湿度のストレス」の解説とその解消法について
解説させて頂きます♪


<温度・湿度・気圧の変化>


hito01.gif

暖かくしたり涼しくしたりの調節を行う時は
風邪等体を壊さない為」という方が大半だと思われます
(実際風邪や熱中症など病気の引き金に)

ストレス軽減の為」という理由はあまり思い浮かびませんよね?
でもしっかりストレスがかかわっています

実は体内温度のコントロールは自律神経が行っています
以前の記事で紹介しました通り
暑いから汗をかこう」と思って居なくても汗をかくのは
自律神経交感神経が働いているのです

もしかしたらもうお気付きの方も居るかもしれませんが
温度差が自律神経の働きを乱す為、大きくストレスになるのです!



<理想的な温度管理>

一番体力を奪い、自律神経を乱すのは「温度の差」です
室内を冷やしても外が暑すぎたとしたら
内外の出入りの度に、ストレスがかかります

natsubate_businessman2.png


室内と外との温度差の理想は5℃だそうです
そのための適切な室内の温度は以下の数字になります

夏 → 27or28℃
冬 → 20or21℃(常時居ない部屋の室温17℃)

こう見ると季節でだいぶ差がありますね
季節の変わり目」ではこの温度のどちらに寄っていいか
悩んでいる間に良く体調を崩してしまいます(汗
皆さんは天気予報を良く見てその日その日にあった調節をしてくださいね♪


<温度差のストレス解消法>


室内は空調の管理をしてバッチリにしたとしても
冷えた身体は中々温まりませんよね
しかも手足・腹部・首は意識的に温めなければいけません

ご家庭でもっとも手軽にそれらを温められるのは
ホッカイロ」「ゆたんぽ
だとおもいます♪
今は数多くの種類が出ていますので
ご自分にあったものを探してみるのもいいかもです!

「ホッカイロがないけどおなかが冷えた・・・」
「すぐにでも暖めたい!」

そんな方はタオルとビニール袋を準備しましょう

タオルを適度しめらせビニール袋に入れ、適度にチン♪
簡易湯たんぽの完成です!
ただ、やけどの危険もあるので注意して扱ってくださいね!


OH96_muhyoutohayashi500-thumb-750x500-4004.jpg


いかがでしたでしょうか?

今日まで大きく分けた4つに分けたストレスとその解消法
解説させて頂きました
長くなりましたがついに!
次回から「人間関係がうまくいかない」そんな方へ
ストレス解消法などのまとめをお伝えしたいと思います♪

それではまた!


お酒よりも効果的!ストレス解消に
【絆の家】愚痴聞き・話し相手サービス

posted by ストレス解消法 【絆の家】話し相手サービス at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレス解消には愚痴や話し相手が一番効果的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406992368

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。