2014年10月13日

【番外編】整骨院と整体と整形外科


現在「人間関係が上手くいかない」シリーズ(!)で
ストレスとその解消法について更新させて頂いております

が!

そのストレスのひとつ構造的ストレス(⑤で解説済み)
身体のゆがみは、一人でなんとも出来ない時もあるとお伝えしました
つまりは以下の様な場合になります↓

「肩がずっと凝っている!」
「ぎっくり腰になってしまった!」
「整形外科?整骨院?どこにいけばいいの?」

はい、こんな方に今回は少しだけストレスとは離れて
適切な受診のススメを行いたいと思います♪
結果的には痛みが無くなればストレス解消になりますので、是非ご一読下さい!


image-youtuu.jpg


<整形外科・整骨院等の違いは?>

身体のゆがみを直してストレスを解消しよう!
・・・と、足を運ぼうとした時に
以下の選択になるのかなと思います

・整形外科
・整骨院&接骨院(この二つは名称違いの同種です)
・整体
・その他マッサージ(針・お灸等)

実はこれらの院が対応している病状は同じなのです
しかし「同じ」と「適切」とは異なりますのでそれについてお伝えします


<整形外科にいく場合>

こちらに受診すると「医師」から「診断」を受けて「病名」が判明します
(余談:原因不明の関節症は全て良く聞くヘルニアと言われます/!)
医師からの診断ですので

・レントゲンの撮影
・薬&湿布等の薬品の処方
・低周波(電気)治療やリハビリテーション等、物理的治療

以上のものが可能になります
ぎっくり腰になった場合などは始めこちらに受診して
しっかり診断をもらう事をオススメ致します


<接骨院・整骨院にいく場合>

こちらでは「柔道整復師」という資格を持った方の対応になります
骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷の5つにしか保険が利かない為
他の症状では自由診察(自己負担)ということになります
また、電気等の対応が中心になりますので
肩こりや腰痛などの筋肉や骨格が原因の症状には不向きです


<整体院・他マッサージに行く場合>

こちらは堅くなった筋肉をほぐし、関節の矯正や調節を行います
上記の治療とは根本的に違う為、整体が効果的な場合も存在します!
保険が利きませんので毎回自己負担になることのみ注意が必要です
整体は種類が多いため、事前に店舗の評価チェックも行うと安全ですね

針、お灸に関しましては「はり師・きゅう師」の資格が必要になります
また、こちらも保険が利かない(上記に比べ高額が多い)という点もあります
しかし、症状の後期で受診することで身体の改善に向かいやすい手の一つ!
ご近所に評判のよい店舗があれば、ご一考されても良いかと♪

SSK_utoutosuruneko500-thumb-500x750-1489.jpg

いかがでしたでしょうか?

もし身体に痛み・異常があると感じた場合は是非
上記を参考にして受診をお勧め致します
また、身体のコリストレスを感じている!という方も
是非自分にあった病院を見つけてストレス解消しましょう!


それではまた次回♪

お酒よりも効果的!ストレス解消に
【絆の家】愚痴聞き・話し相手サービス
posted by ストレス解消法 【絆の家】話し相手サービス at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレス解消方法 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406964071

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。