2014年10月07日

③「人間関係が上手くいかない」自律神経とストレスの関係性


皆さんは「自律神経失調症」という言葉をご存知ですか?

前回(②「人間関係が上手くいかない」)の最後に
自立神経の乱れという言葉を使用した通り
それが自律神経失調症へとつながります

ではまず自立神経とは?それとストレスの関係とは?
この二点について解説していきたいと思います



<交感神経と副交感神経>

●自律神経
 →意志とは無関係に働く内臓・血管の働きを調節する神経の事

「無関係に動く内臓」と言われてもピンと来ない方も居るかと思われますが

例えば
心臓は「動け!」と言わずとも脈を打っていますし
胃袋も「ご飯食べたから、溶かしてね♪」と伝えなくても消化してくれます

要はこれらに働くよう私達の代わりに指示してくれるのがこの自律神経なのです

自立神経には二種類存在し、交感神経と副交感神経があります
この二つの神経が互いに拮抗して全身の調節を行っているのです
では交感神経と副交感神経について解説します


●交感神経
 →身体の活動性を高めてエネルギーを発散する役割

ドキドキした時に「アドレナリンが出てる!」なんて表現がありますが
まさに交感神経はその通り、アドレナリンを分泌する事で、身体の活動を高めているのです
外傷による痛みや、興奮状態の時はもっとも優位に作用します
主に日中の活動時に活用されています

●副交感神経
 →身体の消耗を抑制、回復・リラックス状態にする役割

上記の交感神経とはまったく真逆で、安静状態にもっとも優位に作用します
ぐっすり睡眠をとる、ゆっくり入浴する時はこちらが働いています
主に夜間帯に活用されています


二つの神経の主な働きと体への関わりについては以下の図にまとめさせて頂きました
ご興味あるかたは目を通してみてください

交感神経と副交感神経の体への働き.jpg


ストレスが与える自律神経の乱れ

交感神経と副交感神経のバランスが保たれる事で自立神経が成り立ち
体全身の調節を行っている事がお分かり頂けたかと思います

しかしそこに
「ストレス」と言う負荷がかかる事で、各神経系のバランスが崩れて行きます
そうする事で自律神経に乱れが生じるのです

例えばこんな事が起こります

☆働いている(活動)中に突如眠くなる
 →ストレスの回復に副交感神経が働き、リラックスを図ろうと眠くなる

☆夜中、睡眠が取りたくても寝付けない
 →交感神経が働き、身体がリラックス状態に切り替われない

☆緊張しすぎて胃がキリキリ痛む
 →交感神経が過度に反応し、血管の収縮・筋肉の緊張を起こしている


上記の例のような事、身に覚えはありませんか?
「良くある事だよ、何も問題ないよ!」
と流してしまいがちですが、これこそがストレスを受けた結果引き起こる物なのです

これがストレスによる自律神経の乱れになります
自立神経の乱れを長く継続してしまうと「自律神経失調症」と言う病気へ発展します

また、この乱れが「うつ」のキッカケにもなるのです
どうして「うつ」に関わるのか、という点に関してはいずれ解説しますね!


ストレスが与える自律神経への影響はご理解頂けましたでしょうか?

では次回からは具体的に「どうすればストレスを解消できるのか」という点について
大きく分けた4つのストレスからひとつずつご紹介したいと思います!

自分がどのストレスを受けているかを改めて読み返して頂いて
是非実践していただければと思います♪

それでは、また次回お会いしましょう!



お酒よりも効果的!ストレス解消に
【絆の家】愚痴聞き・話し相手サービス




posted by ストレス解消法 【絆の家】話し相手サービス at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスの原因 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。